福島県庁への被災地復興派遣の経験談!地方公務員の魅力的な仕事内容!

今回の記事では、福島県庁への出向時代のお話をさせていただきます。

こちらは地方公務員のお話になります。

若手時代に、所属官庁から福島県庁へ何年間か出向する機会があり、そこで、地方公務員の醍醐味ともいえる仕事に出会い、素晴らしい経験をすることができましたので、その経験を語るとともに、地方公務員の仕事の内容の概略をお話ししていきます。

イベントの立ち上げなど社会に大きな影響を与える仕事との出会い

福島県庁ではどんな仕事をしていたのか??詳しく紐解いていきます。

出向先での仕事内容は、産業の再興、地域に新しい産業を生み出す有望企業への補助金投下、大企業の誘致、各種イベントなどの企画といった、地方公務員の仕事内容としては、花形と言われる内容でした。

なんか文章で書くと、夢があるとおもいませんか??楽しそうだと思いますよね??

実際に地方公務員として働いたことのある方はわかるかと思いますが、こういった新規事業系、企画系の仕事はなかなか経験させてもらえないのが現状で、だいたいは庶務、窓口、税金徴収系の地味な仕事が地方公務員の仕事としては多いです。

そのくせに、職員採用などの説明会では、こういう花形部署に運良く配属された人間を引っ張ってきて、「公務員は社会に影響を与える素晴らしい仕事ができます。誰でも大きな仕事に関わるチャンスがあるので、是非、採用試験を受けてください!」などと吹聴するものだから、勘違いして入ってくる方が多いので、私はそのような採用活動はあまり褒められたものではないと思っているのですが。。。。笑

そんな愚痴はさておき、私自身は社内公募のような制度で、配属されたので、その出向先では自分の希望通り、社会に大きな影響を与える仕事を行うことができました。

県庁での出向中の出来事

普段、首都圏の喧騒の中で生活していた私にとって、地方での生活は正直、不安でしかなかったです。ただ、実際に出向してみてからは楽しい事、嬉しい事など、良い事の連続でした。

まず、仕事に関しては、いろんな人に自分の実力以上に期待され、出向当初から、周りにいろいろなことを言われたのを記憶しています。

「わざわざこんな田舎に来てくれてありがとう」

「この事業はこの都市の威信をかけて立ち上げたプロジェクトだ!君にしかできない!」

などなど、これまで古巣では大した仕事をさせてもらっていなかった私にとっては、最高の場所でした。

最初のミッションとしては、

100億円規模の国の基金による補助金

の担当を任されました。

事務委託先の選定から、審査会の企画、補助企業の決定を行なっていました。

経験も浅い若造職員でありましたが、地元の有力企業の社長などからも一目置いていただき、

「うちの企業のビジネスモデルはほかの企業ではやっていない!ぜひうちの企業を補助金採択してください!」と懇願されたり、

「この県で成功するには県庁のあなたに話を通さないといけないよと社内の若手には話してるんだ!ぜひ、補助金をうちの事業に投資してください!」

など言われたり、鼻高々でした。

地方の都市では、公務員はかなり崇め奉られるようですね!

地方では県庁が一番の大手企業であり、昔のお代官様文化が残っていると言えます。

私自身ちょっと調子に乗っていたかも、しれません。笑

イベントの立ち上げ

さて、補助金ミッションの次は、

県内最大級の産業イベント、いわゆる展示会イベントの主催

です。

企画は大手広告代理店・博報堂の方と二人三脚で行いました。一緒に仕事をした博報堂の職員の方々は、さすがは一流広告代理店のプロデューサーだと感心する仕事ぶりでした。

その仕事ぶりは公務員とは比べ物にならないほど俊敏で本当に勉強になりました。県庁で鼻高々になっている公務員(私も含めて)は、自分をかえりてみて、民間は10倍仕事をしていることを自覚しなければならないと思ったことを記憶しております。

それでも、発注者側と受注者側なので、向こうは気を遣って接してきます。そこで、勘違いをして、自分が上の存在で偉いんだと勘違いして、常識はずれな横柄な態度をとったり、無理難題を押し付ける職員も周りにはいました。

私はそういう人達をみて、自分はあんな風になりたくはないと思いましたし、優秀な人はそんなことはせずに良好な関係を築いていたと思います。

これから公務員を目指される方や若手の方は自分の実力を過信せず、発注先の企業に対しては、謙虚に接してほしいと思います。

イベントの話に戻しますと、、、、

そのイベントは初めての開催であったので、マニュアルも存在せず、すべてが手探りでの企画でした。イベントの企画、調整にあたっては、出展企業を集めるための営業に、東京、大阪、福岡、時には海外へと駆けずり回って、交渉して県内イベントの盛り上げに奔走しました。

そんな過程で、タレント、芸人など、有名人にも会うことができ、人生でも稀有な経験を積むことができました。

また、広報活動では、地元テレビ局はじめ、NHKなどの全国ネットの媒体ともコラボして、PR活動し、テレビ、ラジオにも出演しました。

その後の打ち上げなどで、かわいい女子アナウンサーとも知り合うこともでき、東京に戻って来てからも親交は続いているというのだから、しがない一端の公務員としては上出来の成果を上げていると思います!笑

とにかく、こういったおいしい経験ができる公務員がいるものだなと今では、実感しています。本当に自分の積極性とやり方次第ですね!

この記事では特殊な事例を紹介しましたが、まだまだ、地方公務員の仕事内容は説明しきれていないので、どんどん掘り下げた話も次回以降の機会にしていきたいと思います。

それでは、また次回!!