公務員志望者へ!きちんと仕事内容確認してから目指してますか??

公務員に興味のある方なら、地方公務員、国家公務員問わず、どんな仕事をしているのだろうと、いろいろなツールを使って調べ、研究すると思います。

各省庁や自治体のHPや、公式アカウント(ツイッターやフェイスブック)、説明会への参加や、知り合いの職員に聞くなどいろいろな手段を使って勉強するかと思います。

私も例に漏れず、入庁前は、上記のような方法で、情報収集をしていました。

ただ、情報収集している中で入ってくる情報と、実際に働いて見て、知る情報はかなりの乖離があるのは事実です。

乖離というよりかは、出回っている情報が不完全という表現が正しいかと思います。

なかなか、手とり足とり、細かい仕事内容を教えてくれる人はいません。

・一日の業務スケジュールは??

・どういう人たちと打ち合わせしたり、絡んだりするのか??

・決裁の取り方は??仕事の進め方は??

などなど、詳しく教えてくれる媒体はありませんので、当たり前ですが、イメージとのギャップは必ず生じます。

これは公務員に限らず、そのほかの企業でもあり得るかと思いますが、公務員はこの傾向が如実に表れます。

なぜかというと、どの官庁に入っても仕事内容が多岐にわたるうえ、自分のイメージ通りの部署に配置されることは非常に稀だからです。

国家公務員はある程度、省庁ごとに専門性があるため、イメージとかけ離れた仕事をすることはそれほど多くはないでしょう。

例えば、経済産業省では、日本の経済力の向上のために、通商、産業の政策を企画立案したりします。そのことから、農業の振興、情報通信、医療や保険のことを取り扱うといった関係のない仕事を行うことはないでしょう。

しかし、地方公務員に関しては、その地方ごとの細かな行政サービスをすべて担っているため、配属される部署によって全くイメージと違う仕事をすることは必ずあります。これらすべての仕事を網羅的に且つ、具体的にすべて情報を集めることは困難です。実際、私も含めてですが、自分の経験したことがない部署の仕事の内容を具体的に教えてくれと言われてもほとんど応えることができないでしょう。

f:id:khcontinue3741:20170911225657j:plain

なので、情報は自分で、しっかり足で稼いで、実際に働いている人に会って、確認しなければなりません。

試験勉強ばかりに目が向いて、この辺りおろそかになっている人が多いです!しっかりと仕事を分析することで、そもそも公務員になることが自分のモチベーションとかけ離れていた!なんてこともありえますので、きちんと確認することが重要です!

セミナーなどの情報だけを鵜呑みにしないようにしましょう。